何事も楽しめる季節

長期休暇で成長できる方法

学生の夏休みと言えば、バカンスに利用するのが一般的である。私も学生の頃はアルバイトで貯めたお金で、夏休みに旅行やレジャーを楽しんでいた。この期間に何を行なったのかによって人間の成長には差がつくものであり、遊び以外のことにも時間を使ってみるべきだ。例えば、長期休暇でなければ遠方に旅行に出ることはできないのである。夏休みを利用して海外旅行に出かければ、現地で生きた英語を学べるのである。また、異国の文化に触れることにより普段閉塞的だった自身の価値観が打破され、人間としても一段成長することができるのである。海外ではなく、国内旅行でも人生の勉強をするのは可能である。夏休みの期間を使って農家が開催している体験農業に参加すれば、日常私達が口にしている食物のありがたみを知る機会になるのである。大量消費社会の中にあって、物を作る大変さを知ると同時に、食べ物の恵みを学ぶのはとても重要である。こうした取り組みは、子供達の休みを利用して両親が実行させても良いものである。また、大学入学を控えている学生達は家を飛び出して合宿を行なうことによって、集中して勉学に励めるようになるのである。こうした取り組みは、美術部の写生技術を上げるためにも必要なものだ。環境が変わればデッサンできる対象も変わるのであり、自然の中に分け入って野山を描くのも価値的である。画家の中には野外で絵を描く人も多いのである。夏の休暇は長期に渡るものであるから、机にかじりついて行なう勉学だけでなく、積極的に外に出て体験を積むようにしたいものである。